腹斜筋のセルフ整体 60秒でセルフ整体動画




腹斜筋のセルフ整体を約90秒で説明しています

腹斜筋のセルフ整体のやり方をご紹介しています。90秒という短い時間で説明していますので、初めてセルフ整体にチャレンジされる方は「セルフ整体の流れ」と「セルフ整体の注意点」の動画をご覧になってから、セルフ整体をするようにしてください。


腹斜筋を座ってゆるめる方法

  1. 立って緩めることもできますが、座って緩めた方が緩めやすいので、まずは椅子をご用意ください

  2. 脇腹のあたりは全部腹斜筋(内腹斜筋、外腹斜筋)ですので、この近辺をグリグリと押して違和感がある箇所を見つける

  3. 緩める側に少し側屈し、体を捻ってみる。捻る方向は外腹斜筋なのか、内腹斜筋なのかによって変わるので、両側に捻ってみて違和感が消える方向に捻ってみてください。

  4. 違和感が消える姿勢がみつったら90秒キープ

  5. ゆっくりと元の姿勢に戻して、グリグリと押した時の違和感が消えていれば成功!まだ脇腹からお腹にかけてグリグリと押した時の違和感が残っている箇所があるようであれば、同じように緩めてみてください。(お腹の中心は腹直筋という筋肉になりますので、お腹の真ん中あたりに違和感がある人は腹直筋を緩めてみてください)


リクエストがありましたらお気軽にメッセージください!

セルフ整体に関する質問や、リクエストがありましたら、お気軽にメッセージください!

また、皆様とより密にセルフ整体のやりとりをするための、月額999円のオンラインサロンもやっていますので、ぜひご登録ください。

セルフ整体オンラインサロン


​お問い合わせ窓口 いぎあ☆すてーしょん白金台 0120-963-482 

© 2017 8Balance

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • YouTubeの